お祝いは1カ月以内が目安

 身内や親戚・友人に赤ちゃんが生まれたら、その誕生を祝う出産祝いを贈ります。 但し、お祝いに出向くのにはタイミングがあるので、気をつけましょう。 出産はお母さんにとって、とても体に負担のかかることなので、生まれた直後は身内で無い限り控えましょう。 退院して、母子共に少し落ち着いてきた頃、都合の良い日を聞いてからが良いでしょう。 かと言って、あまり遅くなるのも失礼ですので、1ヶ月以内を目安に。
 お祝いに行った際も、一緒に喜び、かわいい赤ちゃんをずっと見ていたいとは思いますが、 あまり長居をしてはいけません。赤ちゃんもお母さんも疲れてしまいますからね。

現金を贈る場合

 現金を贈る場合、水引がしろあか紅白の蝶結びの物を選び、 表書きは「御出産御祝」や「出産御祝」「祝御出産」などとします。
.
 どれ位包むのかは、迷うところです。 お付き合いの度合いによっても違いますが、一般的な相場を次にあげてみましたので、参考にしてみて下さい。

 父母、祖父母の場合は、お金というより育児に必要な大きな物を用意する場合も多いと思います。
 職場関係で贈る場合、特に親しくしている人であれば個人的に贈ることもありますが、 たいていは職場の人たちで出し合い、まとめて贈ることが多いようです。 その場合は、まとめた金額がきりが良くなるように、さらに金額も「4」や「9」がつかないようにしましょう。 例えば、8人で5,000円ずつ出し合うと40,000円になってしまうので、 50,000円になるよう、一人6,250円にしたり、年長者の人が多めに出したりすると良いですね。
.
 お祝い事なので、お札は新札にするようにしましょう。

品物を贈る場合

 品物を贈る場合も気をつけたいことがあります。
.
 ベッド、ベビーカーなどの大きいものを贈る場合
 育児に使う大物、ベビーベッドやベビーカーなどは、レンタルしたり、知り合いから譲り受けたりする場合もあるので、 本人に聞いてからにしましょう。
.
 服を贈る場合
 生まれた直後に着る服・肌着などは大抵の場合、出産前に用意してあるものなので、 特にリクエストがなければ避けた方が無難です。 すぐに小さくなって着られなくなるので、たくさんあっても勿体ないことになります。
 服などを贈る場合は活発に動き回るようになる1歳〜2歳位に着るサイズを贈ってはどうでしょう。 食べ物をこぼしたり、転んだりと着替えが必要となる頃なので、たくさんあっても喜ばれると思います。

意外と喜ばれるもの

 出産経験がある人は、自分の時を思い出し、便利だった育児用品だったり、 自分の子供が喜んだおもちゃを贈ってみるのもいいかもしれません。 子供によって違うかもしれませんが、育児書やパンフレットよりもリアルな感想ですから、喜ばれると思います。
.
 仲の良い人なら、いくらあっても困らない紙オムツやミルクなどの消耗品を贈っても喜ばれます。 但し、メーカーやサイズ・好みなどもあるので、事前に確認することを忘れずに。 その場合、消耗品であるため使ってしまうとなくなってしまうので、 ちょっとしたおもちゃや小物をプラスすると、記念に残りますよね。
.
 また、赤ちゃんの物ばかりではなく、お母さんへのプレゼントも考えてみてはどうでしょう。 赤ちゃんがいるとお買物もままなりませんし、とにかく大変で、疲れ気味です。 好きなアーティストのCDや癒しグッズなどはいかかでしょう。

おすすめプレゼント

 いろいろと悩んでしまう出産祝いのプレゼント。当サイトのおすすめプレゼントを紹介します。

1位

 かわいいカタログギフト

カタログギフト

 絵本作家たちもとみちこさんのイラスト入り『絵本仕立てのカタログギフト』と 『おまけいっぱいのアルバム』がセットになった、かわいいカタログギフト。  「贈り物が重なってしまって逆に迷惑にならないかな?」 とあれこれ悩むんでいるなら、贈られた人がほしいものを 選べるカタログギフトは最適だと思います。

2位

 まあるい形のよだれかけ

マールマール

 今までにない、"まあるい形"のよだれかけ。
360°使えるので、汚れたらクルッとまわすだけ。たくさん取り替える必要もありません。 あたまがどっちを向いても、必ずヨダレをキャッチ。 実際に赤ちゃんが付けている写真を見てください。 かわいくて機能的なデザインで、よだれかけには見えません。

3位

 オリジナル プレゼント

オリジナルフォトフレーム

 時計、アルバム、キャンドル、アロマライト、へその緒をなども保管できるメモリアルボックス、 さらにはワインまで、名前やメッセージを入れた、オリジナルプレゼントを贈ることができます。 生まれた赤ちゃんの名前・生年月日・時間・身長・体重などを入れることのできるフォトフレームは、人気No.1。 世界にひとつだけの贈り物。